ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 登山外来へようこそ

  • 登山外来へようこそ

登山外来へようこそ

  • 大城和恵/〔著〕 大城 和恵
    医学博士。長野県出身。日本大学医学部卒。大学病院勤務を経て2002年札幌へ移転。心臓血管センター北海道大野病院に勤務。2010年9月国際山岳医UK Diploma in Mountain Medicine(UIAA(国際山岳連盟)/ICAR(国際山岳救助協議会)/ISMM(国際登山医学会)認定)日本人初の取得、英国Leicester大学山岳医療修士取得。同年12月心臓血管センター北海道大野病院附属駅前クリニックにて登山外来開始。現在、日本登山医学会理事・山岳ファーストエイド委員長・認定山岳医委員兼講師

  • シリーズ名
    角川新書 K-97
  • ISBN
    978-4-04-082073-6
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

920 (税込:994

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 登山ブームの現在、遭難者も過去最高を記録している。日本人初の国際山岳医資格を取得、三浦雄一郎氏のエベレスト遠征隊にもチームドクターとして参加する著者による「登山者のための必須の知識」。
目次
第1章 登山ブームの裏にひそむ危険―人はなぜ遭難するのか?(「初めての登山」がキリマンジャロ!?
増える遭難者数 ほか)
第2章 山の中で自分を守るために―登山者が知っておくべき基礎知識(山岳での三大死因と登山届
出血多量死をふせぐ止血の必要性 ほか)
第3章 山岳医療を学ぶということ―ファーストエイドの第一歩(「山岳遭難です」
「3SABCDE」で初期評価 ほか)
第4章 国際山岳医という仕事―遭難を減らすためにできること(医師を目指した理由
初めてのキリマンジャロで学んだこと ほか)
第5章 エレベスト登頂と下山―三浦雄一郎氏が教えてくれたこと(メタボからスタートした「世界の登山家」
予備遠征で確認された不整脈 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

登山ブームの現在、遭難者も過去最高を記録している。
日本人初の国際山岳医資格を取得、三浦雄一郎氏のエベレスト遠征隊にもチームドクターとして参加する著者による「登山者のための必須の知識」。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 登山外来へようこそ
  • 登山外来へようこそ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中