ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 赤いバラは散らない 英国労働党の興亡

  • 赤いバラは散らない 英国労働党の興亡

赤いバラは散らない 英国労働党の興亡

  • 谷藤悦史/著 谷藤 悦史
    1950年北海道生まれ。早稲田大学政治経済学術院教授。早稲田大学大学院政治経済学研究科博士後期課程修了、早稲田大学政治経済学部助教授、イギリス・エセックス大学政治学部客員教授、アイルランド・ダブリン大学ヨーロッパ経済公共問題研究所客員研究員などを経て、現職。専攻は、政治学・政治コミュニケーション・イギリス現代政治

  • ページ数
    245p
  • ISBN
    978-4-86359-113-4
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • イギリスの“赤いバラ”(労働党のシンボル)の決断は、つねに世界を動かす―。戦後、全世界に先駆けて「福祉国家」を掲げ、アトリー、ウィルソン、ブレアをはじめ、五人の首相を生み、二一世紀に入ってさらに大転換を遂げる労働党。その七〇年にわたる「成功」と「失敗」を描き、労働党の興亡の視点から民主政治の本質を模索し、日本の将来をも示唆する。イギリスとわが国の政治状況に精通した第一人者ならではの労作。
目次
第1部 前進と挫折 1945~1976(アトリー政権の前進と五〇年代前半の内紛
やまぬ対立、負け続ける選挙
ウィルソンの光と陰)
第2部 脱落と混迷 1976~1994(たちはだかるサッチャーの壁
キノックの挑戦と失速)
第3部 復活と改革 1994~2010(ブレアがめざしたこと
ブレアからブラウンへ)
第4部 選択と希望 2010~(揺らぐアイデンティティ
政権選択は確定、しかし先は見えず
労働党はどこに向かうのか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 赤いバラは散らない 英国労働党の興亡
  • 赤いバラは散らない 英国労働党の興亡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中