ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • うそつきの娘

  • うそつきの娘

ポイント倍率

うそつきの娘

  • 廣嶋玲子/著 廣嶋 玲子
    神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞を受賞し2006年にデビュー

  • シリーズ名
    創元推理文庫 Fひ2-2 妖怪の子預かります 2
  • ISBN
    978-4-488-56503-9
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

740 (税込:799

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • うぶめに気に入られ、正式に妖怪の子預かり屋の代理となった弥助。養い親の千弥の助けも借り、次々と持ちこまれる妖怪たちの問題を解決していく。そんな折、妖怪の子供達が行方不明になるという事件が発生。いなくなった子妖怪を捜しに浅草に行った弥助は、そこで同じ年頃の娘に出会った。少年と妖怪との交流を描いた、ちょっと怖くて心温まる、お江戸妖怪ファンタジー第二弾。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

うぶめに気に入られ、正式に妖怪の子預かり屋となった弥助。
三味線になった母を探す子猫の妖怪、千弥を婿にと望む華蛇族のわがまま姫……。
千弥の助けも借り、弥助は次々妖怪たちの問題を解決していく。
そんな折、妖怪の子どもたちが行方不明になるという事件が発生。
行方不明の子妖怪を探しに浅草にいった弥助は、そこでひとりの少女に出会った。
少年と妖怪との交流を描いた、ちょっと怖くて心温まるお江戸妖怪ファンタジー第2弾。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • うそつきの娘
  • うそつきの娘

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中