ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義

  • 自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義

自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義

  • ブライアン・R・リトル/著 児島修/訳 リトル,ブライアン・R.(Little,Brian R.)
    パーソナリティや動機付けをテーマにした心理学分野で世界的に有名な研究者。大学教育界のノーベル賞とも呼ばれる「3Mティーチング・フェローシップ」受賞。ケンブリッジ大学ウェルビーイング・インスティテュート特別研究員、カールトン大学特別教授。ケンブリッジ大学心理学部、ケンブリッジ・ジャッジ・ビジネス・スクール、カールトン大学、マギル大学、オックスフォード大学、ハーバード大学などで教鞭をとり、常に満席の講義によって、3年連続でハーバード大学の人気教授に選出された

    児島 修
    英日翻訳者。1970年生。立命館大学文学部卒

  • ISBN
    978-4-479-79531-5
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「本当の自分」にはどんな能力があるんだろう?ハーバード大学卒業生による投票で3年連続人気教授に選出された著者による、パーソナリティとウェルビーイングの関係を科学的に解明した最新刊!BBC、ニューヨークマガジン、ハフィントンポスト、フォーブス等、各メディアで絶賛された今年もっとも読むべき1冊!
目次
第1章 あなたを閉じ込めている檻―“メガネ”を変えて世界を見る
第2章 「自分の性格」を理解する―五つの要素で適性がわかる
第3章 別人を演じる―大切なもののために性格を変えるということ
第4章 「タマネギ」か「アボカド」か―場に合わせるか、信念に従うか
第5章 主体的に人生を生きる―運命はどのくらいコントロールできるのか?
第6章 性格は寿命も左右する―すべてを勝負にする人、しない人
第7章 クリエイティビティは「才能」ではない―独創的な人ほど性格が悪い?
第8章 住んでいる場所が「生活の質」を決める―SNSで回復する人、疲れる人
第9章 「パーソナル・プロジェクト」を追求する―人生をかけて達成したいことを見直す
第10章 自分を変える挑戦―幸福な人生を自分でつくる

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:ME,MYSELF,AND US
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義
  • 自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中