ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 悪魔とワルツを

  • 悪魔とワルツを

悪魔とワルツを

  • ロレイン・ヒース/著 芦原夕貴/訳 ヒース,ロレイン(Heath,Lorraine)
    テキサス大学を卒業後、研修用のマニュアルや広報用のプレスリリースや記事などを書きながらいつも物足りない思いをしていた。作家となったいまは数々の賞を受賞し、“USAトゥデイ”や“ニューヨーク・タイムズ”などのベストセラーリストにも名を連ねている

    芦原 夕貴
    東京生まれ。早稲田大学法学部卒

  • シリーズ名
    マグノリアロマンス LH-01
  • ページ数
    441p
  • ISBN
    978-4-7755-2575-3
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

886 (税込:957

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 公爵の娘であるキャサリンは悪魔と呼ばれる伯爵のもとを密かに訪れる。戯れるためではない。彼女には消えてほしい相手がいて─。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:IN BED WITH THE DEVIL
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

公爵の娘という身分でありながらも、デビル伯と呼ばれる悪名が高いクレイボーン伯爵邸をひとり夜更けに訪ねたキャサリンには、彼に頼みたい仕事があった。しかし伯爵は、キャサリンの訪問の意図を誤解した。彼女が自分を結婚の罠にはめようとしていると思ったのだ。たしかに彼に魅了されているのを否定できないキャサリンだが、彼と結婚したくて訪ねたわけではない。治安の悪いロンドンの貧民街で育った、殺人鬼と噂される彼にしか頼めないことがあるからだ。彼女には、どうしても消えてもらいたい相手がいて―。

ページの先頭へ

閉じる

  • 悪魔とワルツを
  • 悪魔とワルツを

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中