ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ポール・マッカートニー告白

  • ポール・マッカートニー告白

ポール・マッカートニー告白

  • ポール・マッカートニー/〔述〕 ポール・デュ・ノイヤー/著 奥田祐士/訳 デュ・ノイヤー,ポール(Du Noyer,Paul)
    イギリスの音楽ジャーナリスト。週刊音楽新聞「NME」の記者でキャリアを積んだのち、「Q」誌に参加して編集者となる。その後音楽月刊誌「MOJO」の創刊編集者を務め、「HEAT」誌の立ち上げにも尽力。ロンドンおよびリヴァプール在住

    奥田 祐士
    1958年、広島生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。雑誌編集をへて翻訳業

  • ISBN
    978-4-907583-58-3
  • 発売日
    2016年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 幼少期からはじまる音楽遍歴、創作の秘密と葛藤、自らの活動を支える信念、直面する老い―。36年間におよぶ著者との対話から、素顔のポール・マッカートニーが浮かび上がる。
目次
第1部(今日の語らい マッカートニーをインタビューするということ
アイスキャンディを手にしたロックンローラー マッカートニーが語るリヴァプール、子ども時代、そして音楽への目覚め
ビートルになる法 ぼくらは子どもだったのさ、ね?まだまだ若かった
トップのてっぺん つまり、歴史の現場に居合わせたってことさ
ロックがアートに ああ、わかったぞ。きみたちはもうキュートでいたくないんだな―ボブ・ディラン、1967年、ポール・マッカートニーに ほか)
第2部(やり残した仕事 ビートルズ以降のビートルたち
アポロ・C・ヴァーマス氏 ぼくはかなりいい引き立て役だ。箔をつけるのがうまいんだよ
夢の実現 マッカートニーの語る曲づくり
魔法の実験 ソングライターのさらなる告白
ほほ笑みの向こう側 ポール・マッカートニーは自分のことをどう思っているのだろう? ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:CONVERSATIONS WITH MCCARTNEY
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ポール・マッカートニー告白
  • ポール・マッカートニー告白

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中