ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 発達障碍の精神療法 あまのじゃくと関係発達臨床

  • 発達障碍の精神療法 あまのじゃくと関係発達臨床

発達障碍の精神療法 あまのじゃくと関係発達臨床

  • 小林隆児/著 小林 隆児
    1949年鳥取県米子市生まれ。1975年九州大学医学部卒業。福岡大学医学部精神医学教室入局後、福岡大学医学部講師、大分大学教育学部助教授、東海大学健康科学部教授、大正大学人間学部教授を経て、2012年より西南学院大学人間科学部教授。児童精神科医、医学博士。日本乳幼児医学・心理学会理事長

  • ISBN
    978-4-422-11619-8
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 発達障碍の起源は…乳幼児早期の「甘えたくても甘えられない」心理にある。それはライフサイクルにおいて多様なかたちで“関係”に現れる。その精神療法の核心とは…さまざまに現れたアンビヴァレンスをアクチュアルに捉えて当人に映し返すところにある。
目次
理論編:発達障碍の精神療法における心得(発達障碍の精神療法に臨んで
あまのじゃく―関係病理の中核にある「甘え」のアンビヴァレンス
原初的知覚と関係発達臨床の基盤
アンビヴァレンスの表現型
アンビヴァレンスを見てとる)
実践編:発達障碍の精神療法―その実際(関係発達臨床の原則
乳児期
幼児期
学童期(小学生)
青年期前期(中学生)
青年期中期(高校生)
青年期後期
成人期)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

発達障碍と呼ばれる人の内面にも「生々しい感情」が蠢いている。
日頃は沈潜している「思い」に触れるために心得ておくべきこと。
それは、「甘えたくても甘えられない」心境からの「負の循環」を見すえること。
そして、不安と緊張から多様な困難や病態に至っているのを了解すること。
――本書では、前半できめ細かな「関係発達臨床」の心得を説き、
後半で、乳児期から成人期までライフサイクル軸の実践知を総覧する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 発達障碍の精神療法 あまのじゃくと関係発達臨床
  • 発達障碍の精神療法 あまのじゃくと関係発達臨床

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中