ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 外来種は本当に悪者か? 新しい野生THE NEW WILD

  • 外来種は本当に悪者か? 新しい野生THE NEW WILD

外来種は本当に悪者か? 新しい野生THE NEW WILD

  • フレッド・ピアス/著 藤井留美/訳 ピアス,フレッド(Pearce,Fred)
    ジャーナリスト。環境問題や科学、開発をテーマに20年以上、85カ国を取材。1992年から『ニュー・サイエンティスト』誌の環境・開発コンサルタントを務めるほか、『ガーディアン』誌などで執筆、テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍する。2011年には長年の貢献に対しAssociation of British Science Writersから表彰を受けた

    藤井 留美
    翻訳家。上智大学外国語学部卒業

  • ページ数
    320,15p
  • ISBN
    978-4-7942-2212-1
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 著名科学ジャーナリストが敵視されてきた生物の活躍ぶりを評価し、外来種のイメージを根底から覆す、知的興奮にみちた科学ノンフィクション。よそ者、嫌われ者の生き物たちが失われた生態系を元気にしている!?
目次
目次
はじめに 人間界の自然

第1部異邦人の帝国

第1章グリーンマウンテンにて
世界中から持ち込まれた動植物
外来種が高めたアセンション島の生物多様性
在来種vs外来種、仁義なき戦い
イースター島を滅ぼしたのは人間ではなくネズミ!?
外来種は本当に悪者なのか?

第2章新しい世界
外来種も病原菌も人類の旅のお供
動植物の順化と「脱走」
ホテイアオイとナイルパーチが増えた真の理由
驚異の木「メスキート」の悲劇

第3章クラゲの海
船のバラスト水、海洋博物館からキラー生物
ほんとうの原因は人間による環境破壊
長い時間軸でとらえると在来種などいない

第4章ようこそアメリカへ
タマリスク、熱狂的な期待のあとの転落
よそ者の貝が水質を浄化してくれたエリー湖
外来種にさらされても多様性あふれるサンフランシスコ湾
ペット出身の外来種たち
外来種排斥という陰謀の不都合な真実

第5章イギリス―イタドリにしばられた国
ビクトリア朝ワイルド・ガーデンの末裔
かわいらしい外来種は許される?

第2部神話とドラゴン

第6章生態学的浄化
イタチごっこのネズミ捕り
袋小路に入る外来種駆除の取り組み
ワニも食べつくすオオヒキガエルが市民権を得るまで
民族浄化ならぬ生態系浄化の狂信ぶり

第7章よそ者神話
偏見と詭弁がはびこる侵入生物学
侵入生物学に固有のロジック
外来種被害のずさんな算出方法
経済効果の高い外来種には触れていない

第8章“手つかずの自然?という神話
森林の奥地に栄えた文明は無数にあった
牛痘ウイルスとツェツェバエが起こした生態学的革命

第9章エデンの園の排外主義
ダーウィニズムと完璧なる自然
エコロジカル・フィッティングという手がかり
外来種悪玉論からの改宗と周回遅れの環境保護運動

第3部ニュー・ワイルド

第10章新しい生態系
自然回復のきっかけをつくるコロナイザー
新しい生態系の復元力を認める
ほとんどの荒れた生態系は回復している

第11章都市の荒廃地で自然保護を再起動する
都市の荒廃地にあらわれた楽園
驚くほど都会暮らしを楽しむ野生生物たち
野生生物の天国、チェルノブイリ
旧来型の環境保護は自分の首を絞めている

第12章ニュー・ワイルドの呼び声
スーパー・スピーシーズ
それでも古い時代に自然を戻そうとする人々
管理なき自然を求めて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:THE NEW WILD
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

生態系を破壊しがちな外来種だが、実際には、環境になじめず死滅したり、定着して受粉や種子伝播を手助けしたり、
イタドリやホテイアオイなど、人間が破壊した生態系を再生した例もある。
著者は、孤軍奮闘する外来種の“活躍” 例を、世界中から集めた。
「手つかずの自然」が失われている昨今、自然の摂理のもとで外来種が果たす役割を「新しい野生( ニュー・ワイルド)」としてあえて評価する。
悲観論に陥りがちな地球環境問題に希望をもたらしてくれる作品。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 外来種は本当に悪者か? 新しい野生THE NEW WILD
  • 外来種は本当に悪者か? 新しい野生THE NEW WILD

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中