ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • わたしの小さなかけらをすべて

  • わたしの小さなかけらをすべて

わたしの小さなかけらをすべて

  • ジリアン・ホフマン/著 多田桃子/訳 ホフマン,ジリアン(Hoffman,Jilliane)
    かつて、地方検事補として家庭内暴力課や犯罪人引き渡し法務課の特別担当検察官を務めたことがある。その後、フロリダ法執行局の地域法務アドバイザーを務め、麻薬、殺人、組織犯罪などの複雑な捜査に関して特別捜査官たちに助言した。ニューヨーク、ロングアイランド出身

    多田 桃子
    神奈川県生まれ。明治大学農学部卒

  • シリーズ名
    マグノリアブックス MB-19
  • ページ数
    625p
  • ISBN
    978-4-7755-2569-2
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,048 (税込:1,132

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 熱帯暴風雨の深夜、車での帰宅途中に道に迷ったフェイスは悲惨な姿の女性から助けを求められる。それが本物の悪夢の始まりで─。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:ALL THE LITTLE PIECES
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

嵐の夜、携帯電話も持たずに車を運転していたフェイスは、見渡すかぎりサトウキビ畑がつづく場所で道に迷ってしまう。悪夢のような暗闇のなかを走っているとき、車の前を横切ったなにかをはねた気がしたが、車外に出てもなにも見えず、ただ自分は疲れているだけと必死に言い聞かせる。ようやく明かりが見えたものの、行き着いた先は人っ子ひとりいない寂れた通りだった。そしてそこで、何者かに車の窓ガラスを叩かれ、助けを求められた。ガラスに顔を押しつけ、外になにがあるのかを見ようとした瞬間が、フェイスにとって本物の悪夢の始まりで―。

ページの先頭へ

閉じる

  • わたしの小さなかけらをすべて
  • わたしの小さなかけらをすべて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中