ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 世界インテリジェンス事件史

  • 世界インテリジェンス事件史

ポイント倍率

世界インテリジェンス事件史

  • 佐藤優/著 佐藤 優
    1960年、東京都生まれ。’85年、同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館などに勤務した後、本省国際情報局分析第一課において主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任および偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕・起訴される。’09年に最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。’13年に執行猶予期間が満了し、刑の言い渡しが効力を失う。現在は、執筆や講演などを通して、積極的な言論活動を展開している

  • シリーズ名
    光文社知恵の森文庫 tさ6-2
  • ISBN
    978-4-334-78699-1
  • 発売日
    2016年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

660 (税込:713

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつてインテリジェンス大国だった日本は、なぜ凋落したのか―。元外務省主任分析官が、CIA、KGB、モサドなど各国の機関を解説するとともに、スパイが暗躍した歴史的事件を分析。覇権国アメリカの衰退、中国の台頭、イスラム原理主義、北朝鮮問題など、弱肉強食の“新・帝国主義時代”に入った世界情勢を、インテリジェンスの視点から読み解く。
目次
第1章 インテリジェンス戦争の舞台裏(ゾルゲ事件考察1―処刑
ゾルゲ事件考察2―情報収集
ゾルゲ事件考察3―スパイ活動と女性 ほか)
第2章 主要各国のインテリジェンス機関(「米中央情報局CIA」考察1―誕生前夜(前)
「米中央情報局CIA」考察2―誕生前夜(後)
「米中央情報局CIA」考察3―黎明期 ほか)
第3章 「失われたインテリジェンス大国」日本―新・帝国主義時代を生き残る知恵(大日本帝国陸軍のインテリジェンス1―情報収集の重要性
大日本帝国陸軍のインテリジェンス2―戦略と戦術
大日本帝国陸軍のインテリジェンス3―情報収集の態勢 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 世界インテリジェンス事件史
  • 世界インテリジェンス事件史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中