ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 対馬海峡と宗像の古墳文化

  • 対馬海峡と宗像の古墳文化

対馬海峡と宗像の古墳文化

  • 安田喜憲/編 西谷正/編 安田 喜憲
    1946年三重県生まれ。東北大学大学院理学研究科修了。理学博士。広島大学総合科学部助手、京都大学大学院理学研究科教授(併任)、フンボルト大学客員教授、国際日本文化研究センター教授、東北大学大学院教授などを歴任。現在、立命館大学環太平洋文明研究センター長、ふじのくに地球環境史ミュージアム館長、国際日本文化研究センター名誉教授、スウェーデン王立アカデミー会員。環境考古学の確立で紫綬褒章受章

    西谷 正
    1938年大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科修士課程修了。文学修士・名誉文学博士(韓国)。奈良国立文化財研究所、福岡県教育委員会、九州大学教授などを歴任。現在、海の道むなかた館長、九州歴史資料館名誉館長、糸島市立伊都国歴史博物館名誉館長、九州大学名誉教授

  • シリーズ名
    環太平洋文明叢書 4
  • ISBN
    978-4-639-02398-2
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,860

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 韓半島や中国大陸との交流の舞台・対馬海峡。近年の研究成果をもとに、自然環境や気候変動の影響、祭祀の系譜、玄界灘と神話、社会の様相、国家の成立など、多角的視点から論じ、対馬海峡と宗像の古墳文化を考える。
目次
第1章 海と人の交流史(人が海を渡ること、いにしえの旅
古代の韓国と日本の交流史)
第2章 対馬海峡と古墳文化(対馬海峡の成立と日本海の海面変動
年縞を軸とした環太平洋文明の研究拠点
国家権力と海上交流)
第3章 古墳時代の宗像(宗像、沖ノ島を基点とする直線配置
海の道と古墳時代後期の社会
玄界灘と宗像神・胸形君
日本における祭祀の時空と社殿の成立―宗像神社をめぐって)
第4章 古墳時代の北部九州―アジアの国々とどのような交流をしていたのか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 対馬海峡と宗像の古墳文化
  • 対馬海峡と宗像の古墳文化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中