ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 囚われの花嫁

  • 囚われの花嫁

囚われの花嫁

  • テリー・ブリズビン/作 辻早苗/訳 ブリズビン,テリー(Brisbin,Terri)
    3度にわたりRITA賞の最終選考に勝ち残った経歴をもつ。歯科衛生士としても多忙な日々を送っている

  • シリーズ名
    ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル PHS137
  • ページ数
    288p
  • ISBN
    978-4-596-33237-0
  • 発売日
    2016年06月

824 (税込:890

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 愛なき結婚―これがわたしの宿命なのだろうか。反旗を翻したスコットランド王の軍により、ローンの城は陥落。父は城を追われ、ララと弟妹は敵の捕虜となった。スコットランド王の腹心の部下セバスチャンが、眼光鋭くララに迫る。花嫁になれ、さもなくば死を選べ、と。敵に身を捧げるのは屈辱だが、結婚を拒めば弟妹の命まで奪われてしまう。ララは敵の支配する城で、囚われの花嫁となるほかなかった。その夜、従順な新妻を演ずるべく、ララはベッドに身を横たえ、そして、待った。夫を欺こうという企みなどおくびにも出さず。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 17cm
原題 原タイトル:THE MAID OF LORNE
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

愛なき結婚――これがわたしの宿命なのだろうか。
反旗を翻したスコットランド王の軍により、ローンの城は陥落。父は城を追われ、ララと弟妹は敵の捕虜となった。
スコットランド王の腹心の部下セバスチャンが、眼光鋭くララに迫る。花嫁になれ、さもなくば死を選べ、と。
敵に身を捧げるのは屈辱だが、結婚を拒めば弟妹の命まで奪われてしまう。
ララは敵の支配する城で、囚われの花嫁となるほかなかった。
その夜、従順な新妻を演ずるべく、ララはベッドに身を横たえ、そして、待った。
夫を欺こうという企みなどおくびにも出さず。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 囚われの花嫁
  • 囚われの花嫁

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中