ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 老いも病も受け入れよう

  • 老いも病も受け入れよう

老いも病も受け入れよう

  • 瀬戸内寂聴/著 瀬戸内 寂聴
    1922(大正11)年5月15日徳島生れ。東京女子大学卒。’57(昭和32)年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞受賞。’73年11月14日平泉中尊寺で得度。法名寂聴(旧名晴美)。’92(平成4)年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、’96年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、’11年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。’06年文化勲章を受章

  • ページ数
    157p
  • ISBN
    978-4-10-311226-6
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 死の淵から生還した94歳。はじめての闘病記。病になってわかった元気と長寿の秘訣とは?

    瀬戸内寂聴94歳、はじめての闘病記 病になってわかった元気と長寿の秘訣とは?

    脊椎圧迫骨折で入院中にガンが見つかり摘出手術、
    半年間寝込んでもすっかり元気に復活された
    寂聴さんの力の源はどこにあるのか?
    泣くほどの痛みに苦しんだ闘病生活、リハビリと日常生活、毎日の食事など、
    94歳でなお書き続けられる、若さと長寿の秘訣を初めて綴ります。
    老いも病も前向きに乗り切る力が湧いてくる一冊です。
目次
はじめに

第一章 老いに挑戦
老いを受け入れる/病院と仲良くしよう/老いてもきれいに
やせてはいけない/食事はしっかり、お酒は適量/常識の非常識
よく眠ることが元気のもと/ときめきは若さの秘薬
笑いは健康の秘訣/好奇心は老いの良薬

第二章 病に負けない
身体の声に耳をかたむける/医者の言葉をよく聞く/「神も仏もあるものか?」
私が鬱になるなんて/治ったらあれもしたい、これもしよう/手術なんか怖くないよ
元気という病気/老人はがんばらない/セカンドオピニオンを聞いてみる
寝込んでいる間に、自分と向き合う/おなかに指で般若心経を書いてみた
「日にち薬」は効く/正しい診断こそが必要/絶望するな/治ると信じる力

第三章 長生きしよう
足腰の筋肉の強化/日常生活で続けるリハビリ/治ってもリハビリ
肉親よりも友人/想像力が介護の柱/ボケると楽よ/祈りは人のために
あの世はある/年をとるのを恐れない/死ぬのは怖くない

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

死の淵から生還した94歳、はじめての闘病記。元気と長寿の秘訣とは?

腰椎圧迫骨折で入院中にガンが見つかり摘出手術、半年間寝込んでもすっかり元気に復活された寂聴さんの力の源はどこにあるのか?
泣くほどの痛みに苦しんだ闘病生活、その後のリハビリと今の日常生活など、94歳でなお書き続けられる、若さと長寿の秘訣を初めて綴ります。
老いも病も前向きに乗り切る力が湧いてくる一冊です。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 老いも病も受け入れよう
  • 老いも病も受け入れよう

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中