ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 完本南洲残影

  • 完本南洲残影

完本南洲残影

  • 江藤淳/著 江藤 淳
    1932年、東京生まれ。文藝評論家。慶應義塾大学英文科卒。在学中の56年に『夏目漱石』を上梓。99年没

  • シリーズ名
    文春学藝ライブラリー 歴史 25
  • ISBN
    978-4-16-813066-3
  • 発売日
    2016年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,220 (税込:1,318

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 兵力・軍資金ともに圧倒的なハンデを背負いながら、敗北必至の戦い「西南の役」に、維新の大立者・西郷隆盛はなぜ臨んだのか?城山での哀しい最期までを克明に検証しつつ、日本の近代に対峙する「西郷という思想」の本質に迫る決定版。
目次
南洲残影(全的滅亡の曲譜
慓悍無謀
白菊の歌
ふるさとの驛
背面軍進撃
「抜刀隊」
山中彷徨
精神気魄
西郷星
幻の進軍)
南洲随想(南洲随想
今想え、西郷南洲「立国の気概」
失敗を選ぶ
滅亡について(対談 桶谷秀昭×江藤淳))

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

維新百五十年、今こそ西郷を

明治維新の大立者・西郷隆盛は、なぜ滅亡必至の西南戦争に立ったのか? その思想と最期をめぐる著者畢生の意欲作、ついに文庫化。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 完本南洲残影
  • 完本南洲残影

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中