ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 問題解決のためのQC手法の組合せ活用

  • 問題解決のためのQC手法の組合せ活用

問題解決のためのQC手法の組合せ活用

  • 猪原正守/著 猪原 正守
    1986年大阪大学大学院基礎工学研究科博士課程修了、工学博士取得。1986年大阪電気通信大学工学部経営工学科講師、1989年同助教授を経て、1996年より情報工学部(現情報通信工学部)情報工学科教授。主な研究分野は、多変量解析、SQC、TQM

  • ISBN
    978-4-8171-9574-6
  • 発売日
    2016年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書では、問題解決活動において、QC七つ道具、新QC七つ道具、検定と推定、分散分析法などのQC手法を組合せて活用する方法について、事例を通じて解説している。第1章ではQC七つ道具を中核としたQC手法の組合せ事例、第2章では現場で取得されたデータを解析するためのQC手法の組合せ事例、第3章では計画的に収集されたデータを解析するためのQC手法の組合せ事例、第4章ではビッグデータと呼ばれる多変量データを解析するためのQC手法の組合せ事例を中心として紹介した。
目次
第1章 QC七つ道具の上手な組合せ活用(部門の重点実施項目策定
QCサークル活動の活性化 ほか)
第2章 統計的方法の活用による日常管理データの解析(熱帯魚の騒動
公差設計の基本 ほか)
第3章 実験計画法の活用(二元配置分散分析
乱塊法による一元配置分散分析 ほか)
第4章 多変量データ解析法の活用(数量化3類
パス解析 ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 問題解決のためのQC手法の組合せ活用
  • 問題解決のためのQC手法の組合せ活用

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中