ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • プロ野球の経済学 労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営

  • プロ野球の経済学 労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営

ポイント倍率

プロ野球の経済学 労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営

  • 橘木俊詔/著 橘木 俊詔
    1943年兵庫県生まれ。小樽商科大学卒、大阪大学大学院修士課程修了、ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学経済学部教授、同志社大学経済学部教授を経て、京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授。その間、仏米英独で教育・研究職。2005年度日本経済学会会長。専攻は経済学

  • ISBN
    978-4-492-31478-4
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ドラフト制度は職業選択の自由を侵害しているのか?プロ野球選手とエリート会社員はどっちが得か?新たな視点のプロ野球論。
目次
第1章 野球がプロスポーツの代表になった経緯(アマチュア野球が最初
プロ野球の創成と発展 ほか)
第2章 2リーグ制の確立とプロ野球の隆盛(2リーグ制の確立と日本シリーズ、フランチャイズ制
自由選択制の結果によるV9・巨人からドラフト制による群雄割拠の時代へ ほか)
第3章 プロ野球の経営側と選手側を評価する(経営側の評価
選手側の評価 ほか)
第4章 プロ野球選手の給料は本当に高いのか(プロ野球選手の給料の実態:高年俸の選手
なぜホームラン王や最多勝利選手は高額を稼ぐのか ほか)
第5章 アメリカ大リーグとの比較で日本プロ野球界を評価する(アメリカ大リーグの特色
日本のプロ野球をどうすればよいか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

日本のプロ野球を「(労働)経済学」の観点で捉え、年俸問題、キャリア問題、選手の権利問題、球団経営等について調査・分析。メジャーリーグとの比較分析も行う。新たな視点のプロ野球解説書とするとともに、日本のプロ野球をケーススタディとした経営、ビジネスの指南書にもなる書。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • プロ野球の経済学 労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営
  • プロ野球の経済学 労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中