ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本の論点

  • 日本の論点

日本の論点

  • 大前研一/著 大前 研一
    早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役、ビジネス・ブレークスルー大学学長

  • シリーズ名
    小学館文庫プレジデントセレクト Pお1-1
  • ISBN
    978-4-09-470001-5
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

630 (税込:693

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「消費税」「憲法改正」「景気対策」「TPP」…日本の政治経済から、日本を取り巻く世界の情勢、刻々変化する時代状況。これらをマッキンゼー・アンド・カンパニーでアジア太平洋地区会長などを歴任し、現在はビジネス・ブレークスルー大学学長を務める大前研一が独自の視点で分析し解説する。社会、ビジネス、政治など日本のカラクリを知り考える力も付くビジネスマン必携のシリーズが二〇一三年に上梓した『大前研一 日本の論点』である。シリーズ累計十九万部の大人気シリーズがついに文庫化され、小学館文庫プレジデントセレクトとして、今回初誕生!
目次
「日本病」克服の唯一のカギとは?―あえぐ日本の今と明日を徹底討論(ジャック・アタリvs.大前研一)
日本病を克服せよ(ケインズ以降のマクロ経済理論はもはや通用しない―小さな楽しいアイデアをたくさん積み重ねて国民心理を盛り上げろ
今、世界で本当に隆盛を極めている「クオリティ国家10」を見てこい―スイス、デンマーク、フィンランド、シンガポール等々
アベノミクスよりすごい景気対策がある―「お金を使ったら人生は豊かになるし、子供や孫からも感謝される」という方向へ
下請けなのに、なぜ台湾企業は強いのか?―中国語、英語、日本語の三カ国語を操り世界のマーケットに通じている
新しい「日本のお家芸」を探せ!―アメリカと同じパターンで、日本も構造的な貿易赤字国になる可能性は非常に高い ほか)
平成の世直し運動(憲法九六条は占領軍の最悪の置き土産―日本人一人一人がゼロベースの憲法を自分で書いてみよ
「都構想」「道州制」が世界マネーを呼ぶ―新潟州が誕生すれば日本海側の中心地として繁栄が見込め、福岡都も面白い
「日本版一国二制度」の始まり―中国では統制経済と市場経済の共存で火を起こし、燎原の火の如く全国に広がった
日本の地方分権はずっと足踏みしてきた―足りない人材は世界中から補えばいい
橋下徹大阪市長を嫌いな人は、なぜ嫌いなのか?―反橋下派識者には二つのタイプがある ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

累計部数19万部の大人気シリーズ文庫化!


本書はプレジデント誌の連載記事『日本のカラクリ』及び対談記事から稿を抜粋し、加筆修正しつつ、とりまとめたものである。

日本の政治経済から、日本を取り巻く世界の情勢、刻々変化する時代状況まで、私が一人で好き勝手に論じているということで、『大前研一の日本の論点』という仰々しいタイトルに収まった。

「論点」という以上は読者諸氏が異論のある場合、ご自身の意見を「論点」としてまとめてもらいたい、という希望もある。

トピックは折々の社会事象に結び付けて論じているが、本書で取り上げているような論点は私にとっては目新しいものではない。(中略)
過去30年間の歴史を振り返ると、日本を変えるチャンスは3回あった。(中略)では、4回目のチャンスはいつやってくるのか。
この30年間で考えれば10年に1度ぐらいのペースでチャンスが巡ってきているので、また10年後にメサイアが登場してくる可能性があるのではないか。
そのときまでに、あるいは私はもうこの世にいないかもしれないが、私がいなくても改革ができるように、さらに証拠を積み上げて論点を整理し、法案を練り上げる作業を粛々と続けていくだけである(著者のことば)。
 

【編集担当からのおすすめ情報】 
2年半前に発売され、ベストセラーとなった『日本の論点』がハンディな文庫に。
世界に通用する普遍的な「大前研一の思考」にわずか3時間でたどり着くことができます。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本の論点
  • 日本の論点

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中