ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 彼女たちの文学 語りにくさと読まれること

  • 彼女たちの文学 語りにくさと読まれること

彼女たちの文学 語りにくさと読まれること

  • 飯田祐子/著 飯田 祐子
    1966年愛知県に生まれる。1995年名古屋大学大学院文学研究科博士課程満期退学。神戸女学院大学教授などを経て、名古屋大学大学院文学研究科教授、博士(文学)

  • ISBN
    978-4-8158-0835-8
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,400 (税込:5,940

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 女性作家は“女性”を代表しない。“女性”へと呼びかけられ、亀裂の感覚を生きながら、彼女たちはいかに語ってきたのか。田村俊子、野上弥生子、宮本百合子、尾崎翠、林芙美子、円地文子、田辺聖子、松浦理英子、水村美苗、多和田葉子など、複数の読み手に曝されたマイノリティ文学として読む。
目次
“女性作家”という枠組み
第1部 応答性と被読性(“女”の自己表象―田村俊子「女作者」
書く女/書けない女―杉本正生の「小説」
読者となること・読者へ導くこと―円地文子『朱を奪うもの』
聞き手を求める―水村美苗『私小説 from left to right』
関係を続ける―松浦理英子『裏ヴァージョン』)
第2部 “女”との交渉(“女”を構成する軋み―『女学雑誌』における「内助」と“女学生”
「師」の効用―野上弥生子の特殊性
意味化の欲望―宮本百合子『伸子』
女性作家とフェミニズム―田辺聖子と女たち)
第3部 主体化のほつれ(“婆”の位置―奥村五百子と愛国婦人会
越境の重層性―牛島春子「祝といふ男」と八木義徳「劉廣福」
従軍記と当時者性―林芙美子『戦線』『北岸部隊』)
第4部 言挙げするのとは別のやり方で(異性愛制度と撹乱的感覚―田村俊子「炮烙の刑」
遊歩する少女たち―尾崎翠とフラヌール
言葉と身体―多和田葉子『聖女伝説』『飛魂』)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 彼女たちの文学 語りにくさと読まれること
  • 彼女たちの文学 語りにくさと読まれること

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中