ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 栄花物語新攷 思想・時間・機構

  • 栄花物語新攷 思想・時間・機構

栄花物語新攷 思想・時間・機構

  • 渡瀬茂/著 渡瀬 茂
    昭和26年7月に兵庫県尼崎市、いにしえの津の国は神崎の里のわたりに生まれる。戦後転勤族の子弟として関東に移り、東京都立石神井高等学校および東京都立大学人文学部に学ぶ。学習塾、中高等学校、看護学校、短期大学、大学などの教壇に立ち、国語や国文学を教えた。現在は姫路大学(旧近大姫路大学)教育学部に勤務し、「日本語表現法2」「国語1(国語)」「文学」「比較文化論」を担当

  • シリーズ名
    研究叢書 471
  • ISBN
    978-4-7576-0779-8
  • 発売日
    2016年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

11,000 (税込:11,880

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 魯の春秋にはじまる編年体史書の歴史は、平安朝において日本的な展開を示し、かな散文に出会うことによって日本語の歴史叙述である栄花物語を生み出した。本書では儒教思想に淵源を持つ編年体の時間と機構が、かな散文の文章による作品として実現するさまを探り、また仏教思想の高潮が深く刻印を与えるさまを確かめた。そこには栄花物語の二つの相貌、すなわち「年代記」と「信仰の書」という、異なった相貌が見いだせる。関心を持たれることの少なかった栄花物語が、多様な史的観点から研究可能であり、平安文学ひいては日本文学において重要な作品であることを明らかにする。
目次
第1章 編年的時間(編年的時間の思想性と機能性
日本紀略内部の異質性について ほか)
第2章 物語の全体性と歴史叙述の部分性(作品の部分性と全体性
固有名詞と歌物語 ほか)
第3章 死と信仰(死をめぐる叙述について
死をめぐる叙述について、ふたたび ほか)
第4章 技法と思想(系譜記述の問題
はつはなの巻の「むらさきささめき」の一節をめぐって ほか)
第5章 ことばと文体(日記文学の文体と栄花物語
歴史叙述としての栄花物語の文体 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 栄花物語新攷 思想・時間・機構
  • 栄花物語新攷 思想・時間・機構

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中