ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 住環境保全の公共政策 都市景観とまちづくり条例の観点から

  • 住環境保全の公共政策 都市景観とまちづくり条例の観点から

住環境保全の公共政策 都市景観とまちづくり条例の観点から

  • 山岸達矢/著 山岸 達矢
    1981年生まれ。法政大学大学院公共政策研究科博士課程修了。博士(公共政策学)。現在、大正大学地域創生学部地域創生学科助教。専門社会調査士。専門は、公共政策学、環境社会学、地域社会学、住環境保全論。併せて、まちづくりや国際協力のNPO活動にも取り組む

  • ISBN
    978-4-588-62530-5
  • 発売日
    2016年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,400 (税込:4,840

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 開発事業者と地域住民との間で、住環境をめぐって紛争が生じたとき、住民たちはどのような方法で問題解決に訴えることができるのか。国立市のマンション問題をはじめ、国分寺市や狛江市、逗子市の事例を調査してきた著者が、地域社会の日常と都市景観の保全活動との接点を重視しつつ、各自治体のまちづくり条例の協議手続きに基づく取り組みを検討する。今後の環境行政や市民運動にとっての基礎資料。
目次
第1章 都市景観の保全策の諸相
第2章 都市景観保全に関連する法制度
第3章 都市景観保全の契機―国立市都市景観紛争を事例に
第4章 まちづくり条例による都市景観保全
第5章 市民と専門家による協議手続き―国分寺市まちづくり条例の事例より
第6章 専門家主導による協議手続き―狛江市まちづくり条例の事例より
第7章 市長と議会による承認制度―逗子市まちづくり条例の事例より
終章

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 住環境保全の公共政策 都市景観とまちづくり条例の観点から
  • 住環境保全の公共政策 都市景観とまちづくり条例の観点から

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中