ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ゆらぎ解析のための改変DFA法

  • ゆらぎ解析のための改変DFA法

ゆらぎ解析のための改変DFA法

  • 矢澤徹/著・訳 矢澤 徹
    無脊椎動物の生物学の研究者、理学博士(1983年)。研究の主たる関心は、心臓血管システムの神経生物学。電気生理学的手法および生物化学的手法HPLC(高速液体クロマトグラフィー)を用いる。1976年に、九州大学大学院修士修了。大学卒業研究時代、軟体動物神経系、大学院時代、おなじく軟体動物神経系、それ以来一貫して無脊椎動物を研究。研究の仕事に就いて、1985‐1987米国シティー・オブ・ホープ・メディカルセンター神経科学部研究員、ザリガニ神経細胞の研究。1995および1997カナダ・カルガリー大学医学部および生物科学部研究員、ロブスター心臓・心筋の収縮機構調節機構の研究

  • ISBN
    978-4-8397-0164-2
  • 発売日
    2015年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,750

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
材料と方法(データ取得と倫理
健康な心臓とスケーリング指数 ほか)
mDFAの黎明期(個々人に合わせた医学
2,000拍と3分間 ほか)
mDFA実験結果(甲殻類の心臓
甲殻類の心電図 ほか)
mDFAヒトでの経験結果(仕事のストレス(Ms.0,26歳)
睡眠不足(Ms.G、50歳代) ほか)
考察(生物学における空間的時間的構造
生物学に物理学も数学も必要)
付録(非生物医学的な応用編
結語と将来展望)
補遺(着陸時の恐れや不安、揺れる飛行機に乗って
名刺交換会が苦手なシャイな講演者 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:Modified Detrended Fluctuation Analysis(mDFA)
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ゆらぎ解析のための改変DFA法
  • ゆらぎ解析のための改変DFA法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中