ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鳥の行動生態学

  • 鳥の行動生態学

鳥の行動生態学

  • ISBN
    978-4-8140-0000-5
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,520

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 他の動物の声をまねたり、つがい相手にプレゼンしたり、その振る舞いが適応に果たす役割は?いろんな姿形で多様な暮らしをしている鳥たちを観察していると、たくさんの「なぜ?」が浮かんでくる。かれらがどのように環境に適応して生きているのか、観察はもちろん、遺伝子解析やバイオロギングなど最新の技法を駆使して、つがいで子育てをしたり、托卵したり、道具を使って餌を採るといった鳥の行動をめぐるさまざまな「なぜ?」に迫る。鳥たちの興味深い行動を探る11章。
目次
第1章 鳥類における血縁認知
第2章 対称性のゆらぎと性淘汰
第3章 鳥類の配偶システムとつがい外父性
第4章 鳥類における雄から雌への給餌行動の機能
第5章 条件的性比調節
第6章 鳥類の子殺し
第7章 騙しを見破るテクニック 卵の基準、雛の基準―托卵鳥・宿主の軍拡競争の果てに
第8章 鳥類の採餌行動に見られる知能的行動
第9章 鳥類の警戒声―悲鳴か情報伝達か?
第10章 さえずりを他種が聞くと何が起こるか―形質置換、そして種認知への影響
第11章 行動と生理―ストレスホルモンによる“異常事態”への応答

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 鳥の行動生態学
  • 鳥の行動生態学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中