ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 近代大阪の乳児死亡と社会事業

  • 近代大阪の乳児死亡と社会事業

近代大阪の乳児死亡と社会事業

  • 樋上惠美子/著 樋上 惠美子
    1948年大阪市生まれ。2009年大阪市立大学経済学研究科前期博士課程修了。2013年大阪大学経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)

  • ISBN
    978-4-87259-511-6
  • 発売日
    2016年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,000 (税込:7,560

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 今から百年前(大正時代初期)、大阪の乳児は4人に一人が誕生日の前に死んだ。親は生活水準を上げて、戦中期には10人に一人に減らし、こうして私たちの祖先は生き残り、私たちはいま・ここにいる。…乳児の母親たちの労働と家族形成、またそれを援助する社会事業の歴史を丹念に調べ上げた力作研究。
目次
序章
第1章 女工の結婚と出産
第2章 母胎の状態と先天的な死亡
第3章 食生活の改善:脚気と脳膜炎
第4章 乳児死亡の低減のために
第5章 住宅の改善と社会事業
第6章 公衆衛生体制の成立と占領下の保健事業
終章

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 近代大阪の乳児死亡と社会事業
  • 近代大阪の乳児死亡と社会事業

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中