ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 内村鑑三の伝道論 なぜ宗教が必要なのか

  • 内村鑑三の伝道論 なぜ宗教が必要なのか

内村鑑三の伝道論 なぜ宗教が必要なのか

  • 内村鑑三/著 内村 鑑三
    1861~1930年。明治・大正期に活躍した、日本を代表するキリスト教思想家、社会批評家。「無教会主義」の主唱者。札幌農学校でキリスト教に出合い、米アマースト大学などで信仰を深める。第一高等中学校教員時代、教育勅語の天皇署名に対する敬礼を拒否したことが社会問題となる(不敬事件)。「萬朝報」や「東京独立雑誌」でキリスト教に基づく社会批判を展開し、伝道雑誌「聖書之研究」でキリスト教に関する研究を発表

  • シリーズ名
    新・教養の大陸BOOKS 4
  • ISBN
    978-4-86395-769-5
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 内村鑑三は、明治期に、教会のない人々の集まりとして、日本独特の無教会派キリスト教を始めた人物である。その思想は、自ら創刊して主筆を執った雑誌「聖書之研究」などで数多く発表されており、本書は、そのなかから「伝道」についての論考だけを抽出し、まとめた。伝道師としての内村鑑三を知る貴重な文献であり、信仰心から来る伝道への熱い情熱があふれる隠れた名著である。
目次
第1章 宗教はなぜ必要なのか(宗教の必要性
福音の意義 ほか)
第2章 私の伝道方法(伝道の決意
伝道への第一歩 ほか)
第3章 伝道と政治(伝道と職業
政治と正義)
第4章 真の伝道師になれ(伝道の勧め
伝道できない言い訳を捨てよ ほか)
第5章 いざ、世界伝道へ(世界伝道の精神
伝道を志願せよ)
特別収録(クラーク先生の思い出
政治家を志した友人への追悼メッセージ―故横井時雄君のために弁ずる)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 内村鑑三の伝道論 なぜ宗教が必要なのか
  • 内村鑑三の伝道論 なぜ宗教が必要なのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中