ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば

  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば
  • 翻訳できない世界のことば

ポイント倍率

翻訳できない世界のことば

  • ページ数
    111p
  • ISBN
    978-4-422-70104-2
  • 発売日
    2016年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • FORELSKET フォレルスケット/ノルウェー語―語れないほど幸福な恋におちている。COMMUOVERE コンムオーベレ/イタリア語―涙ぐむような物語にふれたとき、感動して胸が熱くなる。JAYUS ジャユス/インドネシア語―逆に笑うしかないくらい、じつは笑えないひどいジョーク。IKUTSUARPOK イクトゥアルポク/イヌイット語―だれか来ているのではないかと期待して、何度も何度も外に出て見てみること。…他の国のことばではそのニュアンスをうまく表現できない「翻訳できないことば」たち。
目次
PALEGG ポーレッグ―ノルウェー語
COMMUOVERE コンムオーベレ―イタリア語
MANGATA モーンガータ―スウェーデン語
SAMAR サマル―アラビア語
GEZELLIG ヘゼリヒ―オランダ語
GLAS WEN グラスウェン―ウェールズ語
MERAKI メラキ―ギリシャ語
KILIG キリグ―タガログ語
PISAN ZAPRA ピサンザプラ―マレー語
JUGAAD ジュガール―ヒンディー語〔ほか〕

あわせて買いたい、よく一緒に購入されている商品

商品を選択してください

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 17×20cm
原題 原タイトル:LOST IN TRANSLATION
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

外国語のなかには、他の言語に訳すときに一言では言い表せないような各国固有の言葉が存在する。本書は、この「翻訳できない言葉」を世界中から集め、著者の感性豊かな解説と瀟洒なイラストを添えた世界一ユニークな単語集。言葉の背景にある文化や歴史、そしてコミュニケーションの機微を楽しみながら探究できる。小さなブログ記事が一夜にして世界中へ広まった話題の書。ニューヨークタイムズ・ベストセラー。世界6カ国で刊行予定。

*著者「はじめに」より
わたしにとって、この本を作ることはもの作り以上の経験でした。この本作りを通じて、今までとまったくちがう形で人間を見ることになったし、いつのまにか、これらの名詞や動詞、形容詞などを、すれちがう人たちにあてはめている自分に気づいたのです。海のそばにすわっているおじいさんを見て「boketto」と感じるし、見たことのない文化を経験する旅の準備中の友だちの心には「resfeber」を感じとります。
この本が、読者のみなさんにとって、忘れかけていたなにかを思いだすものであったり、または今まではっきりと表現したことのなかった考えや感情に言葉をあたえるものであればと願っています。たぶん、たとえば一世代ちがうふたいとこについて語る言葉や、2年も前の夏に感じてうまく言えなかったことや、たったいま目の前にすわっている人の目が語っていることについての表現がみつかるかもしれません。
さあ、どんな言葉との出会いがあるでしょう?

*訳者「あとがき」より
「翻訳できない世界のことば」というタイトルから、読者のみなさんは、最初どんな本を想像されたでしょうか? 原書のタイトルは「LOST IN TRANSLATION」、「翻訳できない」は、厳密にいうと「りんご=apple」のように1語対1語で英語に翻訳できない、という意味です。
その中には、日本語の「ボケっと」「積ん読」「木漏れ日」「わびさび」もふくまれていました。日本人にとっては当たり前の言葉ですが、著者のみずみずしい感性によって、それらの言葉の内包する意味の広がりやドラマ性に焦点が当てられています。
日本語以外の言語の言葉についても、新鮮なおどろきによって、一つ一つがすくい上げられていることは、想像に難くありません。それぞれの言葉がまるで映画のワンシーンのように投げかけてきてくれる物語の切れ端を、読者のみなさんと共有できれば、本望です。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

子供への読み聞かせ、というよりも自分の癒しのために。若い頃は詩の本や綺麗な本を読んで思いをはせる事も沢山あったのに、育児にかまけて本を読んで考える、なんてことがなくなりました。で、この本は日々忙しくて、でも、電車の移動中に読みました。(読めちゃいます)絵が綺麗で、感性で本を作るって素敵だな、と思いました。ポジティブな言葉もネガティブな言葉も、ただの現象を表した言葉もあるのだけど、ベストスリー3.オランダ語:単に居心地よいだけでなくて、ポジティブであたたかい感情=Gezellig(ヘゼリヒ)2.ハンガリー語:だれかと初めて出会って、直観的にその人が良い人だと感じる時=Szimpatikus(シンパティクシュ)1.ノルウェー語:語れないほど幸福な恋におちている=Forelsket(フォレルススケット)名づけの参考になりそう。こんなに素敵なイラストが描けて、言葉を知ってる20代の著者ってすごい!(あるがままさん 40代・東京都 男の子14歳、女の子11歳、女の子9歳、女の子3歳)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中