ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 中央銀行が終わる日 ビットコインと通貨の未来

  • 中央銀行が終わる日 ビットコインと通貨の未来

中央銀行が終わる日 ビットコインと通貨の未来

  • 岩村充/著 岩村 充
    1950年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。日本銀行企画局兼信用機構局参事を経て、1998年より早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授

  • シリーズ名
    新潮選書
  • ISBN
    978-4-10-603782-5
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本銀行の金融政策はなぜ効かないのか。マイナス金利の限界はどこにあるのか。フィンテックはマネーの流れをどう変えるのか。「貨幣発行独占」後の中央銀行に残された役割とは何か。日銀を飛び出した経済学者が、ビットコイン等の仮想通貨の仕組みをわかりやすく解説し、マイナス成長と大格差時代を生き抜くための新たな通貨システムを提唱する。
目次
第1章 協調の風景―良いが悪いに、悪いが良いに(協調か競争か
戻ってきた流動性の罠
閉じた選択肢の前で)
第2章 来訪者ビットコイン―枯れた技術とコロンブスの卵(ビットコインの要素技術
コロンブスの卵はどこか)
第3章 ビットコインたちの今と未来―それはどこまで通貨になれるか(ビットコインからビットコインたちへ
それはどこまで通貨になれるか)
第4章 対立の時代の中央銀行―行き詰る金融政策とゲゼルの魔法のオカネ(中央銀行は成長とともに生まれた
金融政策は使命か重荷か
ゲゼルの魔法のオカネ)
第5章 中央銀行は終わるのだろうか―ビットコインから見えてくる通貨の未来(ビットコインから何が見えるか
通貨独占発行権は必要か
再びハイエク)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

マイナス金利の衝撃! フィンテックの台頭! 新たな通貨戦争が勃発する――。

日本銀行の金融政策はなぜ効かなくなったのか?
仮想通貨はなぜお金として機能するようになったのか?
「金利付き貨幣」の出現は、経済の仕組みをどう変えるのか?
日銀を飛び出した異能の経済学者が、「貨幣発行独占」崩壊後の新しい通貨システムを洞察する。
マイナス成長がもたらす大格差時代を生き抜くための必読書。

ページの先頭へ

閉じる

  • 中央銀行が終わる日 ビットコインと通貨の未来
  • 中央銀行が終わる日 ビットコインと通貨の未来

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中