ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 漱石文学の視界

  • 漱石文学の視界

漱石文学の視界

  • 有馬弘純/著 有馬 弘純
    1937年、大阪市生まれ。早大文学部中退。1970年、別役実、喜多哲正らと同人誌「季刊評論」創刊。「杉並シネクラブ」運動に参加し、機関誌「眼」の編集などに従事

  • ISBN
    978-4-8460-1480-3
  • 発売日
    2016年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 漱石文学における「事実」の思想。漱石文学に半世紀にわたって呪縛されてきた著者が、独自の視点から『三四郎』『明暗』『それから』を読み解く。巻末に書き下ろし「漱石文学の視界」を置いて全体を俯瞰する!
目次
漱石、その現実と文学
「三四郎」の考察
「事実」を視る思想―夏目漱石
「不可能性」の文学
「関係」の問題とレアリテについてのデッサン
漱石文学についての覚え書的感想―UN HAPPY LIFE
漱石と天下茶屋についてなど
漱石・雑記―「明暗」についての覚え書的雑感
「それから」評価の一視角―ドン・キホーテの不幸は彼の空想ではない。サンチョ・パンサである。
事実の論理―漱石「こころ」について
MとW―明治作家の周辺
漱石文学の視界

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 漱石文学の視界
  • 漱石文学の視界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中