ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 動因を探せ 中東発世界危機と日本の分断

  • 動因を探せ 中東発世界危機と日本の分断

ポイント倍率

動因を探せ 中東発世界危機と日本の分断

  • 佐藤優/著 佐藤 優
    作家・元外務省主任分析官。1960年東京生まれ。85年にノンキャリア専門職員として外務省入省。在モスクワ日本大使館勤務等を経て国際情報局分析第一課主任分析官。2002年、背任容疑で逮捕後、512日間の勾留を経て保釈。05年に執行猶予付き有罪判決を受けて控訴・上告するが、09年の最高裁の上告棄却で判決確定、失職。その後、作家に転進。著書に『国家の罠』(毎日出版文化特別賞)、『自壊する帝国』(大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞)

  • ページ数
    239p
  • ISBN
    978-4-19-864127-6
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • サウジとイランの断絶、中東への米国の影響力低下、中央政府の構造的差別政策…。超・構造変化の「原因と結果」を紐解く。国際社会クライシスを最短で知る時評の極意。
目次
国際社会を変える最大の動因とは何か―まえがきにかえて
第1章 人類の存続を脅かす中東の危険因子
第2章 日本・中国・韓国―アジアの震源を読む
第3章 日本にも発生しつつある国家統合の破綻
第4章 ロシアとの衝突を避ける国際社会
日本の内政を変える動因は何か―あとがきにかえて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 動因を探せ 中東発世界危機と日本の分断
  • 動因を探せ 中東発世界危機と日本の分断

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中