ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • VW(フォルクスワーゲン)不正と中国・ドイツ経済同盟 世界経済の支配者か、破壊者か

  • VW(フォルクスワーゲン)不正と中国・ドイツ経済同盟 世界経済の支配者か、破壊者か

VW(フォルクスワーゲン)不正と中国・ドイツ経済同盟 世界経済の支配者か、破壊者か

  • 真壁昭夫/著 真壁 昭夫
    1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行に入行。ロンドン大学経営学部大学院修士課程修了。第一勧銀総研、みずほ総研の主席研究員を歴任。信州大学経済学部教授。多摩大学客員教授

  • ページ数
    190p
  • ISBN
    978-4-09-388465-5
  • 発売日
    2016年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦後の世界秩序が、今まさに米国中心から中国・ドイツ中心へパラダイムシフトを起こそうとしている。中国とドイツを主役に、まったく新たな視点から世界経済を描いた力作。
目次
第1章 米国の影響力低下で世界秩序は不安定へ(分岐点となったリーマンショック
新たなリスクとなってきた米国の財政不安 ほか)
第2章 共産党政権の生き残りをかけた中国の経済運営(政府が主役の中国経済
シルクロード経済圏構想の行方 ほか)
第3章 世界浮上を狙うドイツ経済の強さと弱さ(ドイツが牛耳る欧州経済
移民・難民問題とドイツの目論見 ほか)
第4章 経済で結びついていく中国とドイツ(沈みゆく中国、浮上を狙うドイツ
経済理念を共有し始めた中国とドイツ ほか)
第5章 世界恐慌のリスクと日本の進むべき道(中国・ドイツ経済同盟は「世界経済の支配者」に近づく
浮かび上がる世界恐慌のリスク ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

21世紀は中国とドイツの時代といわれ、両国の経済に世界の注目が集まっている。
その両国がフォルクスワーゲンの中国進出を契機に急激に接近。
2015年秋に発覚したフォルクスワーゲン不正がさらに蜜月化に拍車をかけ、
中国とドイツは一種の経済同盟となりつつあると筆者は予言する。

巨大な経済力を有するこの経済同盟は、世界経済の支配者なのか破壊者なのか。

ともに覇権主義を抱える新たな経済勢力の動向と、世界恐慌を引き起こしかねない危うさをレポートする。

ページの先頭へ

閉じる

  • VW(フォルクスワーゲン)不正と中国・ドイツ経済同盟 世界経済の支配者か、破壊者か
  • VW(フォルクスワーゲン)不正と中国・ドイツ経済同盟 世界経済の支配者か、破壊者か

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中