ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 金利を見れば投資はうまくいく 運用キャリア25年超のファンドマネージャーが教える
  • 金利を見れば投資はうまくいく 運用キャリア25年超のファンドマネージャーが教える

  • 金利を見れば投資はうまくいく 運用キャリア25年超のファンドマネージャーが教える
  • 金利を見れば投資はうまくいく 運用キャリア25年超のファンドマネージャーが教える

金利を見れば投資はうまくいく 運用キャリア25年超のファンドマネージャーが教える

  • 堀井正孝/〔著〕 堀井 正孝
    SBIボンド・インベストメント・マネジメント(株)代表取締役。国内有数である先進国債券ファンド「グローバル・ソブリン・オープン(通称グロソブ)」元運用責任者。第一生命保険(株)および系列運用会社(現DIAM)で債権運用ファンドマネージャーとして従事した後、2005年から2015年12月まで国際投信投資顧問(株)(現三菱UFJ国際投信(株))でグロソブを担当。2008年「国内債券型・国際債券型部門モーニングスター最優秀ファンド賞」受賞

  • ISBN
    978-4-8443-7454-1
  • 発売日
    2016年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,480 (税込:1,628

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 米国の利上げ、中国経済の減速、その他欧州、日本経済のこれからなど、金利がすべてを語っている。

    皆さんは「炭鉱のカナリア」という言葉をご存知でしょうか?カナリアは、周囲の異変にとても敏感で、普段常にさえずっているのに、危険を感じると鳴き止むという習性を持っています。昔、炭鉱労働者は、坑道に入る際に3羽のカナリアを鳥かごに入れて持っていきました。そして、そのうちの1羽でも鳴き止んだら、「炭鉱内にガスの発生等、なんらかの変調が起きている」と察知しました。要は、カナリアは一種の「警報(アラーム)」として使われていたわけですが、これによって、炭鉱労働者は事前に危険を回避することができたのです。
    実は、投資の世界にも「炭鉱のカナリア」が存在します。
    それはズバリ、「金利」です。
    「金利」はまだ表面化していない景気の変調を教えてくれる、まさに投資の世界におけるカナリアなのです。
    だから金利のことを知れば、投資の確実性は向上します。投資家にとって、これほど力強い味方はありません。すでに何度か投資で失敗した経験があれば、「金利のことをもっと知っていれば、失敗しなかったのに」と思うはずです。
    私は25年超の長きにわたり運用の世界に身を置き、日々金融市場と奮闘してきました。その経験から、景気を反映する金融市場の「炭鉱のカナリア」は、身近にある「金利」であると断言できます。
目次
第1章 金利は景気の「今」を表す
第2章 3つの金利で景気は予測できる
第3章 景気サイクルと金利の関係
第4章 信用サイクル
第5章 お金は世界を回っている
第6章 すべては米国から始まる
第7章 ユーロ圏という大国
第8章 追い風に乗る日本
第9章 投資で成功するために

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中