ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実

  • 熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実

熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実

  • 中村淳彦/著 中村 淳彦
    1972年、東京都生まれ。アダルト業界の実態を描いた著書多数。フリーライターとして執筆を続けるかたわら介護事業に進出し、デイサービス事業所の代表を務めた

  • シリーズ名
    ナックルズ選書
  • ISBN
    978-4-8130-2265-7
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 全国に35万~40万人が存在すると言われる風俗嬢の過半数以上は、30歳を超える熟年女性だ。ほとんどの女性は数万円の生活費に困って自分の最後の手段であるカラダを売っている。貧困最前線、日本の熟女が直面する売春格差のリアル。
目次
第1章 カラダを売れなくなった熟女たち(53歳元風俗嬢の部屋
最低でも13万円は欲しい ほか)
第2章 熟女AV女優の華麗な履歴書(社会のレールに乗り続けた箱入り娘
自分の価値観がどんどん変わっていく ほか)
第3章 なぜ熟女は風俗で働くのか(ベンツに乗ってやってきた金持ちミセス
風俗嬢になった理由はセックスレス ほか)
第4章 売春格差の厳しい現実(46歳バツナシ未婚の美人売春婦
39歳で上京、交際クラブ嬢に ほか)
第5章 異常性欲と貧困の果てに(異常性欲者が集う部屋
彼氏の親の介護をしたかった ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書

ページの先頭へ

閉じる

  • 熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実
  • 熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中