ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 絶対城先輩の妖怪学講座 8

  • 絶対城先輩の妖怪学講座 8

ポイント倍率

絶対城先輩の妖怪学講座 8

  • 峰守ひろかず/〔著〕 峰守 ひろかず
    2008年に第十四回電撃小説大賞“大賞”受賞作『ほうかご百物語』で電撃文庫よりデビュー

  • シリーズ名
    メディアワークス文庫 み6-9
  • ISBN
    978-4-04-865749-5
  • 発売日
    2016年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

590 (税込:637

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 晃が持ち込んだ女神像、それは「ダイダラボッチ」の謎に迫る手掛かりだった。
    すぐさま御場島と呼ばれる火山島に向かう絶対城だが、晃にコンプレックスを抱えた礼音は今回は一緒に行かないと言い出してしまい……。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「のっぺらぼう」の力を持つ桜城晃が、四十四番資料室に持ち込んだ女神像。それは、「ダイダラボッチ」の謎に迫る手掛かりだった。すぐさま御場島と呼ばれる絶海の孤島へ向かう絶対城と晃。二人のやりとりを見た礼音は、女性として、そして絶対城のパートーナーとして晃に遠く及ばないと感じ、一緒に行かないと告げるのだった。大学に残った礼音は織口の「二口」治療を杵松と共に行ったり、一人でオカルト相談の解決に臨む。そんな中、絶対城との連絡が途絶え―?

ページの先頭へ

閉じる

  • 絶対城先輩の妖怪学講座 8
  • 絶対城先輩の妖怪学講座 8

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中