ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アメリカの鏡・日本

  • アメリカの鏡・日本

アメリカの鏡・日本

  • ヘレン・ミアーズ/〔著〕 伊藤延司/訳 ミアーズ,ヘレン(Mears,Helen)
    1900年生まれ(1898年の説もあり)。20年代から日米が開戦する直前まで二度にわたって中国と日本を訪れ、東洋学を研究。戦争中はミシガン大学、ノースウエスタン大学などで日本社会について講義していた。46年に連合国最高司令官総司令部の諮問機関「11人委員会」のメンバーとして来日、戦後日本の労働基本法の策定に携わった。89年没

    伊藤 延司
    1934年、長野県生まれ。京都大学卒。毎日新聞社ジュネーブ支局長、パリ支局長、学芸部長、出版局次長、英文毎日局長などを歴任。現在、AFPBB News編集顧問を務める

  • シリーズ名
    角川ソフィア文庫 M117-1
  • ページ数
    461p
  • ISBN
    978-4-04-400004-2
  • 発売日
    2015年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • GHQ労働局の諮問機関「11人委員会」の一員として来日したミアーズ。日本の研究者である彼女にとって「軍事大国日本」は西欧列強が自ら作り上げた誇張であった。ペリーによる開国を境に平和主義であった日本がどう変化し、戦争への道を突き進んだのか。日本を西欧文明の鏡と捉え、満州事変を軸に中国・韓国との関係を分析しながら、アメリカが変えようとするその未来に警鐘を鳴らす。マッカーサーが邦訳を禁じた日本論の名著。
目次
第1章 爆撃機から見たアメリカの政策
第2章 懲罰と拘束
第3章 世界的脅威の正体
第4章 伝統的侵略性
第5章 改革と再教育
第6章 最初の教科「合法的に行動すること」
第7章 鵞鳥のソース
第8章 第五の自由
第9章 誰のための共栄圏か
第10章 教育者たちの資質

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Mirror for Americans:Japan
対象年齢 一般
版数 完全版

商品のおすすめ

GHQ労働諮問委員会の一員として来日したミアーズ。
中立な立場で日本を研究してきた彼女にとって、「軍事大国日本」は西欧列強が自ら作り上げた誇張であった。
ペリーによる開国を境に平和主義であった日本がどう変化し、戦争への道を突き進んだのか。
日本を西欧文明の鏡と捉え、満州事変を軸に中国・韓国との関係を分析しながら、
アメリカが変えんとするその未来に警笛を鳴らす。
マッカーサーが邦訳を禁じた日本論の名著。

ページの先頭へ

閉じる

  • アメリカの鏡・日本
  • アメリカの鏡・日本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中