ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 無言歌 詩と批評

  • 無言歌 詩と批評

無言歌 詩と批評

  • 築山登美夫/著 築山 登美夫
    1949年10月、大阪生れ。74年、早稲田大学第一文学部文藝科卒業。出版社勤務の傍ら、詩誌「漏刻」(74‐87年)、「なだぐれぁ」(87‐90年)の編集・発行に携る。10年10月、出版社を退職。現在、フリーランスの書籍校閲者。11年7月より詩誌「LEIDEN」同人

  • ISBN
    978-4-8460-1479-7
  • 発売日
    2015年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,000 (税込:3,300

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 3.11以後、書き継がれた詩と思考のドキュメント。著者初の詩文集。
目次
1 詩 二〇〇九‐一五(できそこなひの唄
顔のない女 ほか)
2 詩人のかたみ―吉本隆明論抄(愚禿親鸞―吉本隆明の軌跡
吉本隆明と原子力の時代 ほか)
3 講演と日録(抒情詩を超えて
微茫録 二〇一一)
4 映画評・書評・展評ほか(映画評二つ―『風立ちぬ』と『ハンナ・アーレント』
ぼろぎれの生―勢古浩爾『石原吉郎』 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 無言歌 詩と批評
  • 無言歌 詩と批評

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中