ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ブラック・スキャンダル

  • ブラック・スキャンダル

ブラック・スキャンダル

  • ディック・レイア/〔著〕 ジェラード・オニール/〔著〕 古賀弥生/訳 レイア,ディック(Lehr,Dick)
    ボストン大学ジャーナリズムの教授。19年間、ボストン・グローブ紙で記者を務め、ピュリッツアー賞の最終候補や、ハンコック賞ほか数々の賞に輝いている。『ブラック・スキャンダル』でエドガー賞を受賞した

    オニール,ジェラード(O’Neill,Gerard)
    ピュリッツアー賞受賞経験を持つジャーナリスト。25年間にわたり、ボストン・グローブ紙の調査チームで編集者を務めた。ほか、AP通信編集長賞、ジェラルド・ローブ賞を含め、多くの報道賞を受賞している

    古賀 弥生
    東京女子大学文理学部英米文学科卒業後、外資系企業などに勤務したのち、1988年にフリーランスの翻訳者として独立

  • シリーズ名
    角川文庫 レ9-1
  • ページ数
    584p
  • ISBN
    978-4-04-103193-3
  • 発売日
    2015年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,120 (税込:1,210

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 全米で最も有名なギャング、“ホワイティ”・バルジャー。1975年から97年まで、ボストンの裏社会に君臨し続けた男。FBIの特別捜査官のコノリーは、手柄をたてたいがため、同じ町角で育ったバルジャーを密告者とした。二人の間で交わされる密約。しかしそれは、私利私欲のために乱用され、やがてFBI史上最悪のスキャンダルに発展した。ピュリッツアー賞受賞ジャーナリストが明らかにする、渾身のノンフィクション!
目次
1 第1部(一九七五年
サウス・ボストン
厳しい代償
かいくぐって
一着、二着、三着)
2 第2部(ふたりだけの暴力団?
裏切り
プリンス・ストリートの殺し屋
うまい料理、上等のワイン、汚い金
殺人会社
米国バルジャータウン
黒ミサ
ホワイティの影
コノリーの話
暴かれた秘密)
3 第3部(フレッド・ワイシャック
ヘラーのカフェ
毒を喰らわば皿まで
パーティーは終わった)
エピローグ

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:BLACK MASS
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ブラック・スキャンダル
  • ブラック・スキャンダル

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中