ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ミレニアム 4〔下〕

  • ミレニアム 4〔下〕

ミレニアム 4〔下〕

  • ダヴィド・ラーゲルクランツ/著 ラーゲルクランツ,ダヴィド(Lagercrantz,David)
    スウェーデンのジャーナリスト、作家。1962年生まれ。ストックホルム在住。大学で哲学と宗教を学んだ後、ジャーナリスト養成学校に通う。1993年までタブロイド紙『エクスプレッセン』の記者として活躍した後、作家に転身し、1997年にスウェーデンの登山家の伝記G¨oran Kroppでデビューした

    ヘレンハルメ 美穂
    国際基督教大学卒、パリ第三大学修士課程修了、スウェーデン語翻訳家

    羽根 由
    大阪市立大学卒、ルンド大学大学院修士課程修了、スウェーデン語翻訳家

  • 巻の書名
    蜘蛛の巣を払う女 下
  • 巻の著者名
    ヘレンハルメ美穂/訳 羽根由/訳
  • ページ数
    358p
  • ISBN
    978-4-15-209585-5
  • 発売日
    2015年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • NSAのネットワークに侵入したのはリスベットだった。彼女はある目的のため、この犯罪組織を追っていたのだ。犯罪組織のリーダーはサノスと呼ばれていた。一方ミカエルは、セルネル社が『ミレニアム』編集部から彼を追い出そうとしていることを知るが、さらに衝撃の事件が発生する。万全の警備システムを設置し、自閉症の息子と暮らすバルデルの家が襲撃されたのだ。警察の捜査が開始され、リスベットと連絡を取ることに成功していたミカエルも独自に調査に乗り出す。だが、今度はバルデルの息子に魔の手が伸びてきた。全力で息子を護るミカエルとリスベット。やがて一連の事件の背後に、リスベットの知られざる過去が大きく関わっていることが明らかになる。そして、リスベットに犯罪組織の暗殺者たちが、さらにはNSAの追っ手が迫る!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:DET SOM INTE DoDAR OSS
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ミレニアム 4〔下〕
  • ミレニアム 4〔下〕

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中