ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不死身の花 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私

  • 不死身の花 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私

不死身の花 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私

  • 生島マリカ/著 生島 マリカ
    1971年、神戸市生まれ。最終学歴小学校卒。在日2世。複雑な血筋の両親のもと、幼少期はお手伝いさんに育てられる。異母異父姉兄9人。生母の没後、父親の再婚を機に13歳で家を追い出され、単独ストリート・チルドレンとなる。その後、モデルに。秘書、北新地と銀座のホステス、クラブ経営などを経て3度の結婚と離婚を繰り返す。2012年夏、真言宗某寺にて得度

  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-10-339771-7
  • 発売日
    2015年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 13歳で浮浪児に。借金を抱えて14歳で北新地、16歳で銀座、そしてモデルに。結婚、離婚、癌、レイプ、再び…癌。あらゆる不幸で頁が埋め尽くされた驚愕の告白手記。
目次
序章 「俺は自分で舟を漕いでここにやって来た」
第1章 「十三歳。さあ、いまから浮浪児だ」
第2章 「鑑別所に行ってこい」
第3章 「銀座はどちらですか?」
第4章 『原色の街』
第5章 「運命ってなに?」
第6章 「パパの子供で幸せやった」
第7章 「先生、あたし死ぬんですか」
第8章 「本当に非常識な母です。すみません」
第9章 「これを最後の闘いにしよう」
終章 「あたしは、母に似ていますか」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

団地の廊下で、出前の残飯を探して食べて、生き延びた。13歳だった。
最終学歴、小学校卒業。北新地、銀座のクラブ勤務を経て、アラーキー写真集のモデルに。
一晩の博打で千六百万円を失い、結婚、離婚、癌、出産、レイプ……
死ぬこと以外のすべてと闘いながら、それでも生きることをやめなかった女が、衝撃の単行本デビュー。
読み出したら止まらない、ジェットコースター人生、ついに開封!

ページの先頭へ

閉じる

  • 不死身の花 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私
  • 不死身の花 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中