ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生

  • 奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生

奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生

  • 山口紀美子/著 山口 紀美子
    1940年、福島県の会津に生まれる。1962年、会津地方の小学校(積雪二メートルの分校)に勤務、二年後浜通りに転勤。2000年3月、退職。在職38年の間、「学級文集」「学級通信」を毎年発行し、月刊誌『作文と教育』(百合出版1980年4月号)に実践記録が掲載される。1984年、吉野せい賞奨励賞、2001年、同賞正賞受賞

  • ページ数
    235p
  • ISBN
    978-4-344-97282-7
  • 発売日
    2015年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 無実を訴えながらも戦犯刑死した元陸軍上等兵・木村久夫。遺書を読んだ著者が、木村さんの妹と交流を続けること二十二年。取材を重ね、その中で見えてきたものは、家族への感謝、学問への渇望、そして迫りくる死への恐怖と静かに戦う、日本人としての誇りだった。一人の気高き青年の生涯を記録した渾身のノンフィクション。
目次
第1章 木村家の歴史
第2章 子供の頃と豊中中学時代
第3章 高知高校時代
第4章 京大経済学部での半年
第5章 入営とカーニコバル島への出征
第6章 戦争末期の離島の戦況
第7章 イギリスによる戦犯裁判
第8章 木村久夫さんの戦犯裁判
第9章 教誨師田中日淳さんと木村さんの短歌
第10章 哲学書の余白につづられた遺書

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生
  • 奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中