ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 王朝文学と東ユーラシア文化

  • 王朝文学と東ユーラシア文化

王朝文学と東ユーラシア文化

  • ISBN
    978-4-8386-0288-9
  • 発売日
    2015年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

12,000 (税込:12,960

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、従来の和漢比較文学研究の学術的な蓄積を受け止めつつ、「渤海」「西域」「天竺」「林邑」といった言わば東ユーラシアの第三極を積極的に捉え直し、そのことで「和・漢」のあり方さえも新たに可視化・立体化のできるような問題提起をし、編者3名に加え、論客13名の研究成果を広く学界に提供しようとするものである。
目次
渤海使節を迎えた平安皇権―『源氏物語』の一風景
桐壷皇権と春鴬囀の風景
平安物語と異国意識―『竹取物語』『うつほ物語』『源氏物語』を中心に
『うつほ物語』と『源氏物語』の学問―物語は読者を学問へといざなうか
『源氏物語』古注釈書にみる和漢の往還―『光源氏物語抄』所引漢籍考
和漢と三国2―イメージの奔放と捨て置かれる現実の間で
東ユーラシアにおける庭園と蓬莱―王朝庭園文学論序説
書物の所在と物語文学
『蒙求和歌』と『源氏物語』
『源氏物語』の準拠の方法―定子・楊貴妃・桐壷更衣
光源氏の明石転居と儒・道・神・仏―その逡巡の思想的背景
『うつほ物語』と仙界の音楽
可能性としての『琴操』―散文と韻文をいかに結合させるか、『伊勢物語』を軸にして
翁まろの涙―『枕草子』「上に候ふ御猫は」の段と堕畜生譚
『枕草子』「殿上より」の段の本文異同と前田家本の編纂方法―漢詩文をふまえた応酬をめぐって
女が歴史を書くということ―東ユーラシアの中の『栄花物語』
院政期日本の文化的転換―『後二条師通記』から読む「契丹」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 王朝文学と東ユーラシア文化
  • 王朝文学と東ユーラシア文化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中