ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • うちの執事が言うことには 6

  • うちの執事が言うことには 6

うちの執事が言うことには 6

  • 高里椎奈/〔著〕 高里 椎奈
    茨城県出身。芝浦工業大学工学部機械工学科卒業。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー

  • シリーズ名
    角川文庫 た73-6
  • ISBN
    978-4-04-102591-8
  • 発売日
    2015年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

480 (税込:518

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 年の瀬迫る忙しない時期。烏丸家の若き当主・花穎と初めて過ごすクリスマスに、冷静沈着な執事・衣更月蒼馬は少なからず気負っていた。しかし、執事の采配の腕の見せ所であるはずの聖夜の晩餐は取りやめになり、主人の花穎は名家の人々が集う演奏会に行くのだという。落胆を胸に秘め、会場へ付き従った衣更月は、そこで各家の個性際立つ使用人たちと不本意な交流をすることに…。半熟主従が織りなす上流階級ミステリー!

商品詳細情報

フォーマット 文庫
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • うちの執事が言うことには 6
  • うちの執事が言うことには 6

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中