ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 食人の形而上学 ポスト構造主義的人類学への道

  • 食人の形而上学 ポスト構造主義的人類学への道

食人の形而上学 ポスト構造主義的人類学への道

  • エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ/著 檜垣立哉/訳 山崎吾郎/訳 カストロ,エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ(Castro,Eduardo Viveiros de)
    1951年、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。アマゾンの先住民アラウェテの社会を研究する文化人類学者、民族誌学者。リオデジャネイロ連邦大学ブラジル国立博物館教授。社会科学高等研究院、シカゴ大学、ケンブリッジ大学などでも教鞭をとる。人類学と哲学のあいだを横断し、アメリカ先住民のパースペクティヴ主義や多自然主義といった概念に依拠しながら、野心的な研究をつづける

    檜垣 立哉
    1964‐。現代フランス哲学、日本哲学、生命論を専門とする。博士(文学)。大阪大学大学院人間科学研究科教授

    山崎 吾郎
    1978‐。文化人類学を専門とする。博士(人間科学)。大阪大学未来戦略機構特任准教授

  • ISBN
    978-4-903127-23-1
  • 発売日
    2015年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アマゾンの視点からみれば、動物もまた視点であり、死者もまた視点である。それゆえ、アンチ・ナルシスは、拒絶する―人間と自己の視点を固定し、他者の中に別の自己の姿をみるナルシス的な試みを―。なされるべきは、小さな差異のナルシシズムではなく、多様体を増殖させるアンチ・ナルシシズムである。動物が、死者が、人間をみているとき、動物が、死者が、人間であるのだ。ブラジルから出現した、マイナー科学としての人類学。
目次
1部 アンチ・ナルシス(事象への驚くべき回帰
パースペクティヴ主義
多自然主義
野生の思考のイマージュ)
2部 人類学的視点から読む『資本主義と分裂症』(奇妙な相互交差
多様体の反‐社会学
すべては生産である)
3部 悪魔的縁組(捕食の形而上学
横断するシャーマニズム
システムの強度的条件)
4部 食人的なコギト(概念のなかの敵
構造主義の生成)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:Metaphysiques cannibales
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 食人の形而上学 ポスト構造主義的人類学への道
  • 食人の形而上学 ポスト構造主義的人類学への道

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中