ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • トニ・モリスン 寓意と想像の文学

  • トニ・モリスン 寓意と想像の文学

トニ・モリスン 寓意と想像の文学

  • ヴァレリー・スミス/著 木内徹/訳 西本あづさ/訳 森あおい/訳 スミス,ヴァレリー(Smith,Valerie)
    2015年よりスワースモア大学第15代学長。ベイツ大学英文科を卒業後、ヴァージニア大学大学院に進学し、博士号(英文学)を取得。その後、プリンストン大学英文科、アフロ・アメリカン・スタディーズ講座講師、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)英文科准教授を経て、2001年にはプリンストン大学英文科教授、アフリカン・アメリカン・スタディーズ講座(後に研究所)の初代主任(後に研究所長)に就任。11年からは同大学の学生部長を務めた

    木内 徹
    日本大学生産工学部教授

    西本 あづさ
    青山学院大学文学部教授

    森 あおい
    明治学院大学国際学部教授

  • ページ数
    218,34p
  • ISBN
    978-4-7791-2181-4
  • 発売日
    2015年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、現代アフリカ系アメリカ人文学・文化研究を牽引してきた著者が、プリンストン大学で同僚であったモリスンとの対話や、授業での学生とのディスカッションをもとに学生や若手研究者に向けて執筆したものである。アフリカ系アメリカ人としての自らの経験から、モリスン作品に通底する人種に関するイデオロギーの複雑なテーマを解き明かし、アメリカ史の修正を試みる、モリスン研究の必携書。
目次
第1章 『青い眼がほしい』と『スーラ』
第2章 『ソロモンの歌』と『タール・ベイビー』
第3章 『ビラヴィド』
第4章 『ジャズ』と『パラダイス』
第5章 子どもの読者のための本、『ラヴ』、『マーシィ』
エピローグ 『ホーム』

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Toni Morrison
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • トニ・モリスン 寓意と想像の文学
  • トニ・モリスン 寓意と想像の文学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中