ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 北方領土問題、その原点はなにか? アメリカとロシアの思惑、そして日本の立場

  • 北方領土問題、その原点はなにか? アメリカとロシアの思惑、そして日本の立場

北方領土問題、その原点はなにか? アメリカとロシアの思惑、そして日本の立場

  • 須田諭一/著 須田 諭一
    1959年生まれ。大学進学予備校の職員を経て、2000年よりフリーとして編集や執筆をはじめる

  • シリーズ名
    メトロポリタン新書 006
  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-907870-24-9
  • 発売日
    2015年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 北方領土は、日本とロシア、そしてアメリカの問題です。日本とロシアがいくら合意しても、アメリカが「サンフランシスコ平和条約違反だ」と言い出したら、振り出しにもどってしまいます。だから日本は、ロシアとアメリカのなかに入って交渉を進めなければならない。これが北方領土問題の真相であり、そして原点です。
目次
北方領土問題・通史(第二次世界大戦まで
60年代まで
80年代まで
90年代まで
そして戦後70年を迎える)
原点にもどって考える Q&A

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 北方領土問題、その原点はなにか? アメリカとロシアの思惑、そして日本の立場
  • 北方領土問題、その原点はなにか? アメリカとロシアの思惑、そして日本の立場

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中