ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • タスキメシ

  • タスキメシ

ポイント倍率

タスキメシ

  • 額賀澪/著 額賀 澪
    1990年、茨城県行方郡麻生町(現・行方市)生まれ。高校卒業後は小説家を目指し日大芸術学部文芸学科へ入学、創作やDTPを学ぶ。卒業後は広告代理店に勤務しながら小説の創作を続ける。2015年『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞を受賞。同年『屋上のウインドノーツ』で第22回松本清張賞を受賞

  • ISBN
    978-4-09-386428-2
  • 発売日
    2015年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 駅伝×料理男子。何があってもこのタスキだけは裏切らない!裏切れない!青春スポーツ小説の金字塔、誕生。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

陸上の名門高校で長距離選手として将来を期待されていた眞家早馬(まいえそうま・高3)は、
右膝の骨折という大けがを負いリハビリ中。
そんな折、調理実習部の都と出会い料理に没頭する。
一学年下で同じ陸上部員の弟春馬、陸上部部長の親友助川、ライバル校の藤宮らは
早馬が戻ってくることを切実に待っている。
しかし、そんな彼らの気持ちを裏切って、心に傷を抱えた早馬は競技からの引退を宣言する。
それぞれの熱い思いが交錯する駅伝大会がスタートする。
そのゴールの先に待っているものとは……。

高校駅伝、箱根駅伝の臨場感溢れる描写とともに、
箱根駅伝を夢見て長距離走に青春を捧げる陸上青年それぞれの思いと生き様が熱く描かれる。
青年達の挫折、友情、兄弟愛・・・。
熱い涙、しょっぱい涙、苦い涙、甘い涙が読む者の心を満たします。
読後は爽快感と希望に溢れる熱血スポーツ小説です。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

この物語には主な主人公が4人います。眞家家の年子の兄弟、眞家早馬と春馬。早馬の同級生で陸上部仲間の助川亮介、亮介の幼馴染で調理研究部の井坂都。それぞれが、それぞれの想いで一生懸命前に進もうとしている姿が、読み終わった後、とても“心地”よかったです。子どもたち向けの本『児童書や絵本』は得てして、主人公に特別すごい力(スポーツ万能だったり、ある種の奇跡的な出来事だったり)があったりして、主人公が最後に成功するものとして描かれることが多いです。けれども、このおはなしの一番メインになっている眞家早馬は、ランナーとしての最終目標である《箱根駅伝》に選手としてでらませんでした。いわゆる、成功者ではなかったといえます。なのに、ラストシーンはほんとに気持ちよく読み終えることが出来ました。早馬の想いが最後の2ページに淡々と描かれています。特に好きなシーンです。 声を張り上げた喉は、一月の冷たい空気にピリリと痛んだ。心地よかった。心地よかった。この心地よさを、自分は一生忘れないだろう。この話は《箱根駅伝》のシーンから始まっています。個人的にお薦めな読み方は、初めこのプロローグ的な箱根のシーンはサラッと読んでおいて、(正直、このプロローグを読み始めたときは、「また駅伝の青春ものか」と、思ってしまいました。ですが、みなさん、ここで本を閉じないで!“ただの”スポ根青春ものではないことがすぐにわかります。)後半でまたこのシーンの続きが描かれているところにきたとき、もう一度じっくり読み直すと、人間関係や、このとき描かれているそれぞれの人物の立場や状況がよく読み取れるので、このシーンは特に2度読みで!とても読みやすい作品です。読みだしたら、続きが気になって仕方ありません。中学生から大学生くらいの若者にお薦めします。特に部活でスポーツをがんばっている人や歌やダンスやお芝居など、人の自分大好きなことを努力している青春真っ盛りの人たちに読んでもらいたいなぁと、思います。ところで、このところ、2016年に選ばれた夏の読書感想文課題図書をいくつか読んできましたが、一つ共通点を見つけました。主流の登場人物がなん人かいて、おはなしの途中で、語り手である視点の人間が時々交代するものが多かったのに驚きました。今の書き手(作家)の方の流行なのでしょうか?(てんぐざるさん 40代・埼玉県 女の子21歳、女の子16歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • タスキメシ
  • タスキメシ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中