ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 十八世紀の江戸文芸 雅と俗の成熟

  • 十八世紀の江戸文芸 雅と俗の成熟

十八世紀の江戸文芸 雅と俗の成熟

  • 中野三敏/著 中野 三敏
    1935年生。1959年早稲田大学第二文学部卒。1964年同大学大学院日本文学研究科修了。近世文学専攻。九州大学名誉教授

  • シリーズ名
    岩波人文書セレクション
  • ISBN
    978-4-00-028812-5
  • 発売日
    2015年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,900 (税込:3,132

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近世文化は伝統文芸の「雅」と俗文芸の「俗」との二つの領域でとらえうる。この二つがもっともバランスよく保たれた「雅俗融和」、すなわち文化の成熟という視点からみると、従来、過渡期として把握されていた享保から寛政期の十八世紀こそが近世文化の最盛期と考えるべきではないか。新しい文化史観に基づく江戸文学論。
目次
1 十八世紀の江戸文化
2 都市文化の成熟―明風の受容
3 戯作の確立―『一代男』首章を例にして
4 談義本略史
5 文人と前期戯作
6 大田南畝
7 秋成の文学観
8 すい・つう・いき―その生成の過程

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 十八世紀の江戸文芸 雅と俗の成熟
  • 十八世紀の江戸文芸 雅と俗の成熟

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中