ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 清水幾太郎 異彩の学匠の思想と実践

  • 清水幾太郎 異彩の学匠の思想と実践

清水幾太郎 異彩の学匠の思想と実践

  • 庄司武史/著 庄司 武史
    1978年山形県酒田市生まれ。2013年早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。早稲田大学社会科学総合学術院助手、早稲田大学日本地域文化研究所招聘研究員を経て、サイバー大学IT総合学部客員講師、法政大学史センター調査担当嘱託

  • シリーズ名
    人と文化の探究 11
  • ページ数
    407,4p
  • ISBN
    978-4-623-07418-1
  • 発売日
    2015年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,500 (税込:7,020

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 二〇世紀を「昭和」という時代と共に歩んだ清水幾太郎。一つの立場に固執することのなかったその奔放な軌跡の背後には、コントやデューイとの出会いを契機に形成された彼自身の思想があった。戦争、機械文明、日米安保、大震災―時代の情勢に向き合いながら、清水はいかに思索と行動を重ねたのか。本書では、才気煥発、博覧強記の清水が残した膨大な著作・論考の読解から、思想家・清水幾太郎の実像に迫る。
目次
第1部 批判的社会学者として(社会学とマルクス主義とのはざまで
初期のオーギュスト・コント研究
社会学成立史の問題と『社会と個人』構想
清水周辺のコント研究)
第2部 思想家として立つ(デューイ受容とその解釈
結ばれたデューイとコント
社会集団論と市民社会論)
第3部 現実との苦闘のなかで(戦時下の現実―昭和研究会と読売新聞社論説委員
戦後「啓蒙」の寵児―再建の時代
思想としての機械時代―清水の戦後社会観
六〇年安保の思想前史―内灘の理想と現実
一九七〇年代の地震論―「地震後派」の環境観
衰えなかった気概―時代の移り変わりとともに
書き手として、紹介者として―文章論と翻訳
浮かび上がる思想家・清水幾太郎)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 清水幾太郎 異彩の学匠の思想と実践
  • 清水幾太郎 異彩の学匠の思想と実践

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中