ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 中村天風を学ぶ 三人の弟子が語る「泰然自若」の生き方

  • 中村天風を学ぶ 三人の弟子が語る「泰然自若」の生き方

ポイント倍率

中村天風を学ぶ 三人の弟子が語る「泰然自若」の生き方

  • 遠藤靖子/著 稲松信雄/著 松本光正/著 遠藤 靖子
    1944年東京生まれ。翻訳家。慶應義塾大学経済学部卒業後、日産自動車(株)勤務を経て米国テネシー州バンダービルト大学で学ぶ。テレビ番組、ドキュメンタリー映画翻訳、文部科学省、福島大学、東京学芸大学、日本労働弁護団などの米国スタディツアー及びセミナーでの通訳

    稲松 信雄
    1943年東京生まれ。医学博士。早稲田大学文学部(露文)、文学部(心理学)卒業。早稲田大学大学院文学研究科心理学博士課程修了。カリフォルニア大学アーヴァイン校医学部客員研究員。東邦大学名誉教授。1962年に中村天風の弟子として薫陶を受ける。現在、公益財団法人天風会講師

    松本 光正
    1943年大阪生まれ。内科医。北海道大学医学部卒業後、医療生協さいたま浦和民主診療所勤務・所長を経て、1995年おおみや診療所所長に就任。2009年より関東医療クリニック院長。1960年に中村天風の弟子として薫陶を受ける。現在、公益財団法人天風会講師

  • ページ数
    197p
  • ISBN
    978-4-309-92072-6
  • 発売日
    2015年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 中村風天(1874?1968)は、旧華族に生まれながら、日露戦争の軍事探偵として満州で活躍。「人斬り天風」と恐れられる。帰国後、当時、死病とされた弄馬性肺結核を発病したことから、救いの道を求め、アメリカにわたる。コロンビア大学で医学博士となり、その後、欧州を遍歴、世界の高名な学者たちを訪ねたが、求める答えは得られず、「どうせ死ぬなら日本で」と思っていた時、インドの聖人・カリアッパ師と運命的に出会い、日本人初のヨガ直伝者となる。日本に戻ってから実業家として大成功を収めるが、思うところあって実践哲学「心身統一法」を創見し、地位や財産などをすべて投げ捨て、おにぎり一つを腰につけて大道説法を始める。政財界を始め数多くの人たちの支持を受け、各方面に多大な影響を与えた。プラス思考の元祖。
目次
第1部 天風先生と出会う(ウツがいつの間にか消えていた
私は先生に導かれてきた ほか)
第2部 天風先生の素顔(少年のような笑顔だった
大きな耳と鷹のような鋭い目 ほか)
第3部 天風先生の教え(言葉ひとつで人生は変わる
怒らず怖れず悲しまず ほか)
第4部 天風先生と医療(医者として必要なことはすべて先生から学んだ
「取り越し苦労」厳禁を唱えた先生 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 中村天風を学ぶ 三人の弟子が語る「泰然自若」の生き方
  • 中村天風を学ぶ 三人の弟子が語る「泰然自若」の生き方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中