ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新・犯罪論 「犯罪減少社会」でこれからすべきこと

  • 新・犯罪論 「犯罪減少社会」でこれからすべきこと

新・犯罪論 「犯罪減少社会」でこれからすべきこと

  • 荻上チキ/著 浜井浩一/著 荻上 チキ
    1981年兵庫県生。政治経済、社会問題から文化現象まで、幅広く取材・論評するかたわら、編集、メディアプロデュースなどの活動も行う。電子マガジン「シノドス」編集長。TBSラジオ「荻上チキ・Session‐22」パーソナリティ

    浜井 浩一
    1960年愛知県生。龍谷大学大学院法務研究科教授。専門は、刑事政策、犯罪学、統計学、犯罪心理。法務省出身。矯正施設、保護観察所のほか法務総合研究所研究官、国連犯罪司法研究所研究員等を経て、現職

  • ISBN
    978-4-87798-617-9
  • 発売日
    2015年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,870

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 気鋭の犯罪学者と若手の論客がニッポンの犯罪における課題と処方せんを考える!
    犯罪の増加、凶悪化を根拠に厳罰化を求める声が大きいが、犯罪統計は読み間違えられている。犯罪統計の読み方、メディアリテラシーなどについて語り、冷静なデータ分析から、厳罰化や刑事司法だけでは解決できない現状と社会福祉政策の有効性を訴える。
目次
犯罪統計は誤解されている(犯罪統計の読み方
警察統計は警察の通信簿 ほか)
エビデンスとグランドセオリーなき政策の弊害(体感治安の意味
「割れ窓理論」の限界 ほか)
厳罰化しない犯罪対策の行方(「縦割り」刑事司法の弊害
コストをかけるべきは刑務所よりも福祉 ほか)
日本の罪と罰をめぐって何をどう変えるか(メディアをどう変えるか
司法の実務家をどう変えるか ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 新・犯罪論 「犯罪減少社会」でこれからすべきこと
  • 新・犯罪論 「犯罪減少社会」でこれからすべきこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中