ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大阪空襲訴訟は何を残したのか 伝えたい、次世代に

  • 大阪空襲訴訟は何を残したのか 伝えたい、次世代に

大阪空襲訴訟は何を残したのか 伝えたい、次世代に

  • 矢野宏/著 大前治/著 矢野 宏
    1959年生まれ。新聞記者、黒田ジャーナル記者を経て、2005年から「新聞うずみ火」代表。いくつかのテレビ番組で「ブレーン」をつとめ、ラジオのコメンテーターとしてニュースをわかりやすく解説してきた。2002年から2015年まで関西大学非常勤講師として「マスコミ文章実習」の講義を担当。2014年には「平和・協同ジャーナリスト基金賞」奨励賞受賞

    大前 治
    1970年生まれ。弁護士。鉄道会社勤務を経て、2000年に司法試験合格。市民が直面する法律問題の解決に取り組み、特に労働事件、刑事事件、消費者事件を多く手掛ける。自衛隊イラク派兵違憲訴訟、大阪市思想調査アンケート国賠訴訟の弁護団に参加し、憲法課題に取り組む。青年法律家協会大阪支部事務局長などを歴任。2015年6月から日本弁護士連合会立法対策センター事務局次長

  • ページ数
    61p
  • ISBN
    978-4-88416-244-3
  • 発売日
    2015年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1章 届かなかった空襲被災者の訴え(上告棄却
集団提訴までの道のり
空襲の記憶はないが…
不当判決
審理2回で結審
「全国空襲連・大阪」として)
第2章 原告は何を訴えたか(思いを伝える最終弁論
せめてもの願い
なぜ日本政府を訴えるのか
戦後補償の「三つの壁」
あと一歩での敗訴―無意味ではなかった)
第3章 戦時中の国策を問う判決(戦争損害受忍論は採用しない―最高裁判例を修正
防空法―逃げずに火を消せ
情報統制と安全神話、相互監視
疎開は禁止/防空壕は床下に
「多大な労苦」を認定)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大阪空襲訴訟は何を残したのか 伝えたい、次世代に
  • 大阪空襲訴訟は何を残したのか 伝えたい、次世代に

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中