ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 変貌する北野天満宮 中世後期の神仏の世界

  • 変貌する北野天満宮 中世後期の神仏の世界

変貌する北野天満宮 中世後期の神仏の世界

  • 瀬田勝哉/編 瀬田 勝哉
    1942年生。大阪府大阪市出身。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。武蔵大学名誉教授。専攻、京都中世史、木の社会史・文化史

  • ISBN
    978-4-582-46909-7
  • 発売日
    2015年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,800 (税込:7,344

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 多角的に描き出される北野社のありようと変容。文献史料・絵画資料の精読をもとに、方法的に設定された多彩な視角から、中世後期北野社の歴史的リアリティに迫る、画期的な論集。
目次
第1部 空間(北野に通う松の下道―一条通と北野・内野の風景
北野の馬場と経堂
空間から見る北野天神信仰の特徴)
第2部 組織(中世後期「北野社」神社組織における「一社」
北野宮寺法花堂供僧の設置―法螺を喜ぶ北野天神のために
松梅院禅予殺害事件と殿原衆の行動)
第3部 信仰の諸相(室町期における北野祭礼の実態と意義
天神信仰における牛の由来)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 変貌する北野天満宮 中世後期の神仏の世界
  • 変貌する北野天満宮 中世後期の神仏の世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中